Type your search keyword, and press enter

より良いワインを、より美味しく。美味しいワインを通販やショップで-cortland arts & wine festival-

ワインはグラス一つで味が変わります。ワイングラスについて

グラスによってワインの味が変わる不思議

ワインの味は生産地やブドウの品種だけで変わるとお考えではありませんか?
確かにどちらもワインの味を決める重要な要素です。しかし、ワインを嗜むグラスによっても味が変わってしまうのです。
たかがグラスと思われがちですが、されどグラスです。まさにマジックの世界と言えるでしょう。

グラスでワインの味が変わる理由は、グラスそのものの作りにあります。
ガラスの厚みや形状はグラスにより違いますが、これがワインの飲み口に影響することから味わいが変わるのです。
ワインを飲む時、口に含む空気の量も変わるため、風味が変化すると言えます。

無色透明のグラスを選びましょう

ワインを楽しむならグラスもこだわるべきですが、無色透明のワイングラスを選ぶようにしましょう。
色付きのグラスもガラスの美しさを楽しめますが、ワインを楽しむならワインの色を表現できるものを選ぶべきです。
そのため、自然と無色透明のグラスに行き当たるでしょう。透明であれはワインの色を目で見て楽しめます。

脚がついたグラスを選びましょう

一口にグラスと言ってもさまざまで、中には脚が付いていないものもあります。
しかし、ワインに限っては脚付きのものを選んだほうが良いでしょう。

脚が付いていない通常のグラスの場合、グラス本体を手で持つことになります。
するとガラス越しにワインへ手の温度が伝わってしまい、ワインの温度が変化して風味が変化してしまいます。
しかし脚付きのグラスは、飲む時に脚の部分を持って飲みますので、手の温度が伝わることもありません。
ワイン本来の風味を保てるのです。

飲み口は薄いグラスを選びましょう

飲み口にも注意したほうが良いでしょう。ワインの場合は薄い飲み口のものがおすすめです。
飲み口が厚いグラスは、ワインの風味が伝わりにくく、口当たりも劣ってしまいます。
薄めのものなら風味が直接伝わってきますので、美味しさをそのまま楽しめるようになります。

ワインの種類によってグラスの種類も変えましょう

そして重要なポイントが、種類ごとにグラスを変えることです。
赤ワインと白ワイン、それぞれで分けたほうが良いでしょう。

赤ワイン用は、直径が大きめのグラスがおすすめです。
やや背丈が低めの作りになっており、丸みを帯びています。
赤ワイン特有の香りを楽しめるうえ、まろやかな口当たりになります。

白ワインのグラスは、やや小ぶりで背丈の高いものが良いでしょう。
飲み口に向かってやや狭まっており、ブドウの香りや酸味を感じやすい構造になっています。
なお、白ワイン用のグラスはスパークリングワインにも適しています。専用グラスを買うのも最適ですが、シャンパンなども楽しむ時は、白ワイン用グラスを使い回すのもおすすめです。

おすすめのワイングラスメーカー

画像引用元:https://www.smartgift.jp/item/1259731833.html

ワイングラスを選ぶ時に悩むのがメーカーです。
ヨーロッパを中心に多様なメーカーが存在しますが、悩んだ時は以下の中から選んでみると良いでしょう。

・リーデル
・ショット・ツヴィーゼル
・シュトルツル

リーデルはワイングラスで定番のメーカーです。
高級なワイングラスを製造しており、価格は少々高めですが、品質や強度においては非常に信頼性の高いメーカーとなっています。

ショット・ツヴィーゼルとシュトルツルは、いずれも手頃なプライスが魅力です。
グラス一つあたり千円前後から販売されており、ワイン入門には最適なメーカーと言えます。

他にもさまざまなメーカーがありますので、自分好みのメーカーを見つけてみてはいかがでしょうか?
ぜひ長く使えるワイングラスを購入してみましょう。

ワインを、より美味しく。ワインと料理の相性や合わせ方

ワインと料理は相性がよければより美味しい

ワインの味わいは飲み方によって大きく変わりますが、料理との相性によっても違いが生まれます。
食卓に並ぶ料理との相性が良ければ、ワインもより一層美味しくなり、味に深みが出てくるのです。
逆に相性が悪いと、ワイン本来の美味しさを楽しむことができません。
普段意識せず飲んでいる方も、一度料理との相性を考えてみてはいかがでしょうか。

ワインと料理の産地や色を合わせると美味しい

ワインは赤ワインやロゼなどさまざまな種類がありますが、料理との相性を良くするならワインの産地を意識してみると良いでしょう。
例えばパスタなどのイタリアンを食べる時は、イタリアワインが合います。
フランス料理を楽しむのであれば、フランス産のワインが適しているでしょう。料理と産地を合わせることが最も簡単な方法です。

また、色を合わせてみるのもおすすめです。
これも基本的な合わせ方と言えますが、ステーキのように赤みが強い料理には赤ワインを、淡白な魚料理は白ワインとの相性が良いです。
ただし、料理の味との相性もあります。淡白な味の料理にフルボディの赤ワインを合わせたりしないよう注意しましょう。

料理にワインを合わせる時は、味の強さやバランスを意識することも大切です。
例えばバターの香りや油分の多い料理を食べる場合、同様にフルボディの赤ワインを合わせるのも一つの手です。
しかし、味が強くなりすぎますので、スッキリした辛口の白ワインを合わせるのも良いでしょう。

ワインによく合うおすすめの食材や料理

ワインと料理の相性は重要ですが、下記のような料理や食材との相性が抜群です。
ワインを買った時は、それに合わせて料理を作ってみると良いでしょう。

赤ワイン
・フレッシュチーズ
・ステーキなど牛肉を使った料理
・マグロなどの赤身の魚を使った料理

赤ワインは、スッキリとした味のフレッシュチーズや、牛肉・赤身魚との相性が良くなっています。
色の相性も良いため、肉料理などには赤ワインを合わせることをおすすめします。

白ワイン
・エビやイカなど淡白な味の魚介類・料理
・鶏肉を使った料理
・オードブルやサラダ
・カルパッチョ

一方の白ワインは、淡白な味わいの料理・食材に最適です。特に魚介類との相性は抜群で、辛口の白ワインがマッチします。

ワインを楽しむなら相性を意識しましょう

ワインと料理の相性は大切です。ワインを楽しむのであればぜひ相性を意識して選びましょう。
ただし、肉料理なら赤ワインとは限りませんし、逆に魚介類でも赤ワインがマッチする場合はあります。
料理の味を想像しつつ、相性を考えてみると良いでしょう。

美味しいワインは良い土地から。ワインの銘醸地をまとめました。

ワインの味は産地で変わる

ワインの風味を左右する要素はさまざまありますが、中でも重要な鍵を握るのがブドウとワインの産地です。
生産される地域によって使われるブドウの品種が変わり、ワインの味にも影響します。
例えば赤ワインでも、ボルドーとイタリアでは使われるブドウが違いますし、それによって風味も変わるのです。
こうした違いを楽しめるのもワインならではと言えるでしょう。

フランスはワインの銘醸地として有名

世界的に有名なワインの産地がフランスです。
フランスはボルドーの5大シャトーや、ブルゴーニュのロマネコンティなど、数多くの高級ワインを生産しています。
こうしたワインの銘醸地としての知名度が高く、高級レストランや要人の会食の席などで供されています。

フランスは古くよりワインを生産してきた歴史を持っています。
1700年代にはボルドーやブルゴーニュで品質を重視したワイン造りが始まり、現在に至るワインの礎が築かれました。
フランス革命などにより一時ワイン産業は衰退しますが、その後は持ち直し、今では世界中で多くの人々に親しまれています。

ブルゴーニュ地方

フランス東部にあるブルゴーニュ地方は、ボルドーに並ぶワインの一大生産地です。
ロマネコンティやモンラッシェなどの高級ワインから、日本でも親しまれているボジョレー・ヌーヴォーまで、幅広い銘柄が生産しています。

ブルゴーニュでは、ブドウ栽培からワイン製造まで一手に担うワイナリーが多く、こうした生産者をドメーヌと呼んでいます。
有名なドメーヌにはロマネコンティがあります。

一方、ブドウを栽培農家から買い付け、ワインの製造のみを行う業者をネゴシアンと呼び区別されています。カルヴェやメゾン・ルロアが有名なネゴシアンです。

また、ブルゴーニュのワインは畑ごとに格付けされている点が特徴です。
複数の格付けがあり、最も高い格付けはグラン・クリュと呼ばれています。
しかし、ボジョレーのように独自基準の格付けを持つエリアもあります。例えばボジョレーの場合、クリュやヴィラージュなど4つの等級が存在します。

ボルドー地方

ブルゴーニュに並ぶワインの生産地がボルドーです。
フランス南西部の都市ボルドーは、5大シャトーでも知られており、主に高級ワインの一大生産地となっています。赤ワインを中心に生産し、海外に数多くのボルドーワインを輸出しています。

ボルドーの大きな特徴は、複数のブドウの品種を使っていることでしょう。
ブルゴーニュは単種のブドウを使うのが一般的ですが、ボルドーでは複数の品種を使用してワインを製造しています。これをアッサンブラージュと呼んでおり、独自の生産スタイルを確立させているのです。

また、ボルドー地方内でも場所により栽培されるブドウの品種が違います。
ジロンド・ドルドーニュ・ガロンヌの3つの地域に分けられており、それぞれが適したブドウを栽培しています。
例えばガロンヌではカベルネ・ソーヴィニヨン種が主流ですが、ドルドーニュ周辺ではメルロー種の栽培が盛んです。
同じボルドーワインでも、こうした違いによりワインの味わいは様変わりします。

ブドウ栽培に適したスペインのワインも美味しい

フランスのワインは世界的知名度を持ちますが、スペインワインも見逃せません。
スペインは世界で第3位の生産量を誇っており、リオハで生産される赤ワインや、カタルーニャのスパークリングワインが有名です。
この2地方はスペインを代表するワイン生産地になっています。

スペインは温暖な気候でブドウの栽培に適しており、紀元前よりワインが生産されていたと言われています。
なお、国内では数百種類ものブドウを栽培し、作付面積はフランスを抜き世界第一位となっています。

多数の銘柄が製造され、日本向けの輸出も盛んです。
特に日本ではリーズナブルな銘柄が多数販売されているため、手頃な価格で楽しめるのが魅力と言えるでしょう。

全ての州でワインが造られるイタリアのワイン

フランスを抜き、ワイン生産量世界一を誇るのがイタリアです。
イタリアの食卓にはワインが欠かせないと言っても良く、国内全土でワインを製造しています。
これは温暖な地中海性気候に恵まれており、ワイン生産に適しているのが理由です。

イタリアでは赤や白ワインのほか、スパークリングワインの製造も盛んです。
DOC法と呼ばれるワイン法が存在し、品質や格付けも独自の基準になっています。

イタリアの代表的な生産地はピエモンテです。高級ワインのバルバレスコや風味豊かな白ワインのガヴィなど、多数の銘柄が造られています。
ヴェネトもイタリアの有名なワイン生産地で、赤・白それぞれ多様な銘柄が生産されています。

産地でワインを選ぶ楽しみ方

ワインはそれぞれ個性があります。
産地でワインを選んでみるのも良いでしょう。これもワインの楽しみ方の一つです。
上記はいずれも世界で有名なワイン生産地ですが、風味は全く異なりますので、ぜひ一度飲み比べてみましょう。