ボルドーの5大シャトーとは?

画像引用元:https://sake.biccamera.com/bs/item/3502039/

フランスのブルゴーニュワインと並び、世界的評価を得ているのがボルドーのワインです。
その中でも5大シャトーと呼ばれるワインは、味や評価、知名度などが圧倒的に高くなっています。
5大シャトーはフランスを代表するワインでもあり、ブルゴーニュワインとは違った味わいや特徴を持っています。

5大シャトーは下記の5つを含めた総称です。

・シャトー・ラフィット・ロスシルド
・シャトー・マルゴー
・シャトー・オー・ブリオン
・シャトー・ラトゥール
・シャトー・ムートン・ロートシルト

これら5つのワインはメドックによる第一級の格付けを得ています。
メドックの格付けは19世紀中頃より始まり、まず4つのシャトーワインが認定されました。
その後1つ追加されて5大シャトーと呼ばれていますが、その権威は当時からほとんど変わっておらず、現在でもメドックの格付けは高品質の証となっています。

シャトー・ラフィット・ロスシルドの特徴

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-4571280798605

シャトー・ラフィット・ロスシルド(またはシャトー・シャトー・ラフィット・ロートシルト)は、「王のワイン」と呼ばれることもあるほど格式高いワインです。
かつてはヴェルサイユ宮殿の晩餐で振る舞われていたと言われています。
とても繊細で深い味わいを持っており、渋みや酸味はほとんど無いのが特徴です。

シャトー・ラフィット・ロスシルドの価格

シャトー・ラフィット・ロスシルドの価格は、他のワインとは一線を画しています。
最も価格が安いものでも5~6万円前後で、ヴィンテージ次第では10万円以上の価格が付いています。
また、長期熟成されたシャトー・ラフィット・ロスシルドはさらに価格が高騰しており、数十万円になることも珍しくはありません。

シャトー・マルゴーの特徴

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4560461908346/

シャトー・マルゴーは、5大シャトーの中で「ワインの女王」とも評される高級ワインです。
このように評される理由は味にあります。
シャトー・マルゴーは力強くも女性らしい丸みを帯びた味わいになっており、まさに女王と呼ぶにふさわしいワインに仕上がっています。

シャトー・マルゴーの価格

シャトー・マルゴーは比較的安定した価格が特徴です。
他のボルドーワインとは異なり、ヴィンテージによらず3~5万円程度の価格になっています。
若干の差こそあるものの、いつでも手が届きやすい価格帯なのが魅力です。
ギフトにも適しているでしょう。

シャトー・オー・ブリオンの特徴

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4560461908339/

シャトー・オー・ブリオンは、5大シャトーの中でもメドック地区以外で造られている唯一のワインです。
近隣のグラーヴという地区で生産されていますが、パリ万博の際にメドック第一級の格付けを取得しており、味・品質ともに他のシャトーと遜色ありません。
長期熟成を行っているため、丸みとコクのある独特の味わいに仕上がっています。

シャトー・オー・ブリオンの価格

高級ワインと言うだけあり、シャトー・オー・ブリオンの販売価格は高めです。
低価格のものは4~5万円と手が届きやすいですが、高いものは10万円を超えており、ヴィンテージによっては30万円以上になっています。特に当たり年のものは高い傾向にあります。

シャトー・ラトゥールの特徴

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4571280803507/

シャトー・ラトゥールはラベルに特徴があるワインです。
フランス語でのラ・トゥールは塔を意味し、ラベルにも塔が描かれています。
超長期熟成が可能なワインでもあり、50年程度熟成された希少なシャトー・ラトゥールも存在します。
ワインにはタンニンが豊富に含まれており、男性のように力強くて濃厚な味を楽しむことができます。

シャトー・ラトゥールの価格

シャトー・ラトゥールは価格がピンからキリまであります。
手頃なものは1万円前後で販売されている一方で、大半は8~10万円程度で売られています。予算に応じて選べるのが魅力のワインと言えるでしょう。
なお、長期熟成されたものはさらに価格が跳ね上がっていますが、味に深みが増しているため、機会があればぜひ飲んでおきたいところです。

シャトー・ムートン・ロスシルドの特徴

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/g/gA106-4560236603742/

シャトー・ムートン・ロスシルドは、1973年にメドックの格付けを取得した唯一無二のワインです。
1855年のパリ万博以降、メドックの格付けはいっさい変更が行われてませんでしたが、シャトー・ムートン・ロスシルドは唯一例外的に認められました。
ラベルが年度によって変わる珍しいワインでもあり、シャガールやピカソなど著名な画家がデザインしたラベルもあります。

シャトー・ムートン・ロスシルドの価格

シャトー・ムートン・ロスシルドの販売価格は1~10万円台と非常に幅広くなっています。
大半は6~7万円ほどで買えますが、中には50万円近いものも存在するなど、年度によってかなり異なるのが特徴です。
なお、ラベルのデザインも価格に影響しています。

ワイン好きなら一度は飲みたい5大シャトー

5大シャトーは、いずれもその格付けにふさわしい味わいとなっています。
手頃なプライスのシャトーもありますので、ワインが好きな方は一度飲んでおくべきワインと言えるでしょう。
ギフトにも向いているため、誰かへの贈り物で悩んだ時にもおすすめです。