グラスによってワインの味が変わる不思議

ワインの味は生産地やブドウの品種だけで変わるとお考えではありませんか?
確かにどちらもワインの味を決める重要な要素です。しかし、ワインを嗜むグラスによっても味が変わってしまうのです。
たかがグラスと思われがちですが、されどグラスです。まさにマジックの世界と言えるでしょう。

グラスでワインの味が変わる理由は、グラスそのものの作りにあります。
ガラスの厚みや形状はグラスにより違いますが、これがワインの飲み口に影響することから味わいが変わるのです。
ワインを飲む時、口に含む空気の量も変わるため、風味が変化すると言えます。

無色透明のグラスを選びましょう

ワインを楽しむならグラスもこだわるべきですが、無色透明のワイングラスを選ぶようにしましょう。
色付きのグラスもガラスの美しさを楽しめますが、ワインを楽しむならワインの色を表現できるものを選ぶべきです。
そのため、自然と無色透明のグラスに行き当たるでしょう。透明であれはワインの色を目で見て楽しめます。

脚がついたグラスを選びましょう

一口にグラスと言ってもさまざまで、中には脚が付いていないものもあります。
しかし、ワインに限っては脚付きのものを選んだほうが良いでしょう。

脚が付いていない通常のグラスの場合、グラス本体を手で持つことになります。
するとガラス越しにワインへ手の温度が伝わってしまい、ワインの温度が変化して風味が変化してしまいます。
しかし脚付きのグラスは、飲む時に脚の部分を持って飲みますので、手の温度が伝わることもありません。
ワイン本来の風味を保てるのです。

飲み口は薄いグラスを選びましょう

飲み口にも注意したほうが良いでしょう。ワインの場合は薄い飲み口のものがおすすめです。
飲み口が厚いグラスは、ワインの風味が伝わりにくく、口当たりも劣ってしまいます。
薄めのものなら風味が直接伝わってきますので、美味しさをそのまま楽しめるようになります。

ワインの種類によってグラスの種類も変えましょう

そして重要なポイントが、種類ごとにグラスを変えることです。
赤ワインと白ワイン、それぞれで分けたほうが良いでしょう。

赤ワイン用は、直径が大きめのグラスがおすすめです。
やや背丈が低めの作りになっており、丸みを帯びています。
赤ワイン特有の香りを楽しめるうえ、まろやかな口当たりになります。

白ワインのグラスは、やや小ぶりで背丈の高いものが良いでしょう。
飲み口に向かってやや狭まっており、ブドウの香りや酸味を感じやすい構造になっています。
なお、白ワイン用のグラスはスパークリングワインにも適しています。専用グラスを買うのも最適ですが、シャンパンなども楽しむ時は、白ワイン用グラスを使い回すのもおすすめです。

おすすめのワイングラスメーカー

画像引用元:https://www.smartgift.jp/item/1259731833.html

ワイングラスを選ぶ時に悩むのがメーカーです。
ヨーロッパを中心に多様なメーカーが存在しますが、悩んだ時は以下の中から選んでみると良いでしょう。

・リーデル
・ショット・ツヴィーゼル
・シュトルツル

リーデルはワイングラスで定番のメーカーです。
高級なワイングラスを製造しており、価格は少々高めですが、品質や強度においては非常に信頼性の高いメーカーとなっています。

ショット・ツヴィーゼルとシュトルツルは、いずれも手頃なプライスが魅力です。
グラス一つあたり千円前後から販売されており、ワイン入門には最適なメーカーと言えます。

他にもさまざまなメーカーがありますので、自分好みのメーカーを見つけてみてはいかがでしょうか?
ぜひ長く使えるワイングラスを購入してみましょう。