ブルゴーニュ地方の世界最高峰白ワインを醸造する「モンラッシェ」

画像引用元:http://mapi.cutegirl.jp/france/france1012.html

ブルゴーニュのモンラッシェは世界最高峰と評される白ワインです。
生産量が限られていることから、ロマネコンティに匹敵するほどの銘柄もあります。
また、2つの地域で同じ名称を用いているという、少し変わった特徴を持ちます。

モンラッシェは、ピュリニーで造られるものと、隣地区のシャサーニュで造られるものの2つが存在します。
前者はピュリニー・モンラッシェ、後者はシャサーニュ・モンラッシェ(ル・モンラッシェ)と区別する場合もあります。
いずれの地区も特級・1級の畑を数多く有しており、ここで生まれたワインのモンラッシェは格別な味わいと評価されています。

多くの人を引きつけるモンラッシェの味わい

白ワインと言うと、ほのかに甘くて軽い口当たりを浮かべる方も多いことでしょう。
しかし、モンラッシェは辛口の白ワインの一つで、酸味のパンチとなめらかな飲み口の絶妙なバランスが特徴です。
特に酸味が強いのはピュリニー・モンラッシェで、シャサーニュのものは比較的マイルドになっています。

モンラッシェの中でもさまざまな畑がある

モンラッシェは石灰を始めとする肥沃な土壌と、温暖な気候に恵まれており、畑ではブルゴーニュの代表品種であるシャルドネが栽培されています。
しかし、モンラッシェの中でも畑は複数の地域に分かれていて、同じブドウでも畑ごとに異なる味わいになっているのです。
大きく分けると下記の7つの地域があります。

・ピュリニー
・バタール
・クリオ・バタール
・シャサーニュ
・シュヴァリエ
・ヴィアンビニュ
・モンラッシェ

例えばピュリニーで造られるシャルドネは、繊細でフレッシュな味わいに仕上がります。
一方でバタールのシャルドネは、マイルドで酸味が少なめの味に仕上がるなど、各地域ごとの畑でワインの風味も様変わりするのです。
ブドウの生産地ごとに味の違いを楽しめるのもモンラッシェの魅力と言えるでしょう。

モンラッシェの価格

モンラッシェの価格はピンからキリまであります。
低価格帯の銘柄は一本1万円前後で買うことが可能で、大半の銘柄が比較的リーズナブルです。
特にヴァンサン・ジラルダンのモンラッシェは手頃で、一本3千円前後で購入できます。
手が届きやすいため、記念日に楽しんだりギフトで贈ったりするのに最適です。

一方で、数十万円以上の価格もの値が付いているモンラッシェもあります。
特に高いのはドメーヌのロマネコンティが作ったモンラッシェで、一本80万円以上の価格で販売されています。
手が届きにくいですが、一度は飲んでおきたい一本です。

なお、モンラッシェの当たり年は2002年と、2004年~2009年です。
評論家の評価が高いため、買うならこれらの年度を狙うと良いでしょう。

辛口ながらも軽めの飲み口と手頃な価格が魅力

モンラッシェは酸味が強めの辛口ワインですが、甘みとのバランスが取れており、どれもスッキリした飲み口に仕上がっています。
ほとんどの銘柄は1万円前後で販売されているため、気軽に買えるのが魅力の白ワインです。