ワインは保管方法で味が変わります

ワインはとても繊細なお酒です。
少し温度や湿度が変化するだけでも味が変化しますし、保管場所が不適切だと風味が劣化するおそれもあります。
他のお酒では、保管にさほど気を使う必要もありませんが、ワインに関しては別と言えるでしょう。

保管にはワインセラーやワインクーラーが最適です。
しかし、お持ちでない方も多いのではないでしょうか?そのような時は、ワインの保管に適した場所で保管する必要があります。

ワインセラーがなくても、味を損なわない保管方法とは

ワインセラーなどを使わずに保管する際は、以下の3つに気を付けて保管しましょう。

・冷暗所を選ぶ
・温度が安定した場所で保管する
・湿度が適切になるよう注意する

上記3つに注意して保管すれば、ワインの風味の劣化を最小限に抑えることが可能です。ただし、季節によっては保管場所を変える必要性も出てきますので、こまめな管理を心がけましょう。

暗くて涼しい場所に保管しましょう

原則として直射日光が当たる場所でワインを保管してはいけません。
紫外線の影響によってワインの風味が著しく劣化するおそれがあります。
ラベルも日焼けしてしまいますので、日当たりの良い場所はワインの保管に適していません。

ワインを保管は冷暗所を選ぶことが基本です。キッチンの棚なども暗くて涼しさを保てますが、季節ごとに温度が変化する点には注意が必要です。

急激な温度変化を避けましょう

ワインは温度変化に弱い飲み物です。
温度が高すぎると熟成が進むどころか、酸化が進んで味が落ちてしまいます。
ワインにとっての温度変化は大敵であり、保管する際に最も頭を悩ませる要素でもあります。

ワインの保管に最適な温度は12度から15度です。
1~2度前後しても影響は少ないと考えられますが、できればこの範囲内の場所で保管するのが望ましいでしょう。
ただし、夏場は気温も上がりますので、温度が安定した冷蔵庫の野菜室などで保管することをおすすめします。

湿度に気を付けましょう

ワインは湿気の影響も受けます。湿度が低いとコルクが乾燥し、中身が蒸発してしまったり、空気が入りやすくなって酸化が進んだりします。
逆に高すぎもNGで、カビが生える原因にもなるため、適度に保つことが重要です。

適切な湿度は75%前後が目安です。少なくとも70%台には保つのが望ましいでしょう。
いずれにせよ、ワインの品質を保つなら湿度管理が非常に重要です。

飲みかけのワインの保存方法

栓を開けてしまった飲みかけのワインを保管する時は、まず空気に触れないようにする必要があります。
もしコルクが付いているなら再度コルクで栓をしましょう。その後は冷蔵庫へ入れ、必ず立てて保存しましょう。

コルクが付いていないものや、紛失したワインは市販の密閉栓を利用するか、密封性の高い容器に移して保存することをおすすめします。
ワインが空気と触れにくくすることが重要です。

ワインクーラーも検討しましょう

ワインの保管は温度や湿度の管理が重要ですが、季節ごとに場所を移動させる必要も出てくるでしょう。
特に長期保管には不向きですので、ぜひワインクーラーの購入を検討してみてください。